草の芽俳句会

設立日    昭和53年3月

代表者     福島     恵

句会場 南部公民館句会日   第4水曜日指導者    村野秋果

草の芽俳句会は、昭和53年3月、豊明市公民館俳句講座参加者の中から20数名が集まって、初代講師の石川騎城先生のもと、発足されました。振り返れば38年の永きにわたる活動となりました。その後、加藤竹翠先生、竹内葉生先生、脇田鳳鳴先生という、いずれも素晴らしい先生方にご指導いただきました。そして今は会員の総意で村野秋果先生を講師にお迎えし、暖かく丁寧なご指導の下、少しでも良い俳句が作りたいという思いで活動しています。

草の芽俳句会の何よりも良いところは、明るく自由な雰囲気のなか、会員同士が分け隔てなく交流できることです。当番は、毎年2名が輪番で当り、吟行、新年句会を企画します。季節の風景、行事の味わいを皆で共有し合って実作するひとときは、大切な勉強の時間でもあり、和気謁々と楽しい時間でもあります。新しい会員をお待ちしています。初心者大歓迎です。私達と一緒に俳句を楽しみませんか。