豊明水墨画協会 南宇会

代表者  加籐敦彦

当会は矢野梅仙先生が主催されていた「水墨画を趣味にする者の集い」で昭和52年10月1日に発足し先生は市は高齢者趣味講座の講師として初心

者の指導に勤められていたが平成4年秋、病により常勤不能となり、新しく横川梅栄先生の指導を受けていたが同先生が市の高齢者趣味講座の講師に就任のため退会されたのを機に自主勉強を目的とする会に変更、今日に至っている。

毎月2回市の老人センターで練習に励むと共に技法の向上に勤めている。

作品の発表機会としては図書館ギャラリー墨絵展、みどりの文化祭、老人作品展、豊明まつり、JAあい ち尾東豊明栄支店等に出展し、親睦会による会員の 交流にも力を入れています。