豊明栄俳句会

設 立 平成2年

代  表  近藤兼雄

句会場 南部公民館

句会日 毎月第4土曜日 13時~ 指導者 若原康行

尾崎恵美子

豊明栄俳句会は、平成二年に俳人協会愛知県支部長だった村上冬燕先生をお迎えして発足しました。ご逝去により平成九年より「樹」代表の若原康行先生・編集長の梶野定義先生をお迎えして当季雑詠五句の出句で、作句指導・講評・添削・作品鑑賞などのご指導を頂きました。平成十八年より尾崎恵美子先生も選者となり、会が一層活発になっています。全員で質問や忌憚のない意見を述べあい、質疑応答などして俳句談義を楽しんでいます。平成二十二年梶野先生の退会は残念なことでした。「樹」俳句会の行事の春と秋の日帰り吟行会に有志が自由参加して交流を深め、見聞を広めています。

文化協会のみどりの文化祭・豊明まつりの俳句大会、俳句作家連盟の夏季大会・新年句会などにも積極的に参加しています。又、豊明の風土・桶狭間合戦の史跡など訪ねて俳句を作り、地元の顕彰を試みています。いきいき老人作品展にも出展し、充実の人生を目標にして歩み続けたいものです。